チョングッチャンチゲ

料理03

チョングッチャンチゲは韓国のチゲ料理の一つで、韓国味噌のチョングッチャンで味付けした鍋です。

チョングッチャンは藁でゆでた大豆を包んで発酵させて作るのですが、作り方も風味も日本の納豆と似ており、

チョングッチャンチゲは日本の納豆汁と風味が似ています。

牛肉、豆腐、白菜キムチや青唐辛子などの素材をトゥッペギと呼ばれる素焼きの器で煮込み、チョングッチャンで味付けします。

独特な香りと濃厚なコクのあるスープが魅力的な韓国のヘルシーフードです。

チョングッチャンは発行期間が比較的短いため栄養の損失が少なく、ビタミンが豊富で消化を助ける効果もあることで知られており、

韓国ではチョングッチャンのサプリメントも販売されています。

チョングッチャンチゲの気になることといえば強い匂いですが、1993年に無臭のチョングッチャンが開発されており、

匂いを気にせず食べられるようになってきました。

日本で作るとしたら韓国食材店でチョングッチャンを手に入れるか、豆板醤で味付けした鍋に納豆を入れて代用するかになりますが、

少しクセのある料理なので韓国料理屋でトライしてみるほうが食材の無駄にならなくてよいかもしれません。

コメント

コメントを受け付けておりません。