デジカルビ

日本では焼肉というと牛肉のイメージが強いですが、豚の焼肉も多く食べられています。

韓国料理屋でデジカルビというメニューを目にしたことがある人もいるかもしれませんが、

これはデジ=豚、カルビ=あばら肉という意味で、豚のあばら肉をたれに漬け込んで焼いた焼肉料理のことです。

醤油をベースにコチュジャン、摩り下ろした果物、香辛料を混ぜたたれに肉を漬け込んであるのですが、

たれのレシピが店によって違うため店ごとに違った味が楽しめるのが魅力です。

豚肉は焼くとかたくなりがちですが、たれに漬け込むことで焼いてもかたくならず、やわらかくてジューシーな焼肉になります。

そのまま食べてももちろんおいしいのですが、サンチュやエゴマの葉といった葉野菜で包んで食べたり、スライスしたニンニク、

ねぎの和え物と一緒に食べてもおいしいです。牛の焼肉に比べて低価格なデジカルビは韓国でも人気でデジカルビ専門店も数多く出店されています。

韓国料理店はもちろん、こういったデジカルビ専門店を見かけたら一度は食べてみることをお勧めします。

ぜひ、自分好みの味付けのお店を見つけてください。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。