ヘムルタン

 

}PgžxQ韓国料理というと焼肉やユッケといった肉料理が有名ですが、魚介類を使った料理も数多く存在します。

その中でもヘムルタンは海の幸が5~6種類も入っている、うまみたっぷりの海鮮鍋です。

日本ではあまり見られないナクチという脚の長いタコを活きたまま入れるのがメインで、

大き目のワタリガニ、ハマグリ、海老や魚の内臓、たくさんの野菜をコチュジャンや唐辛子粉、海鮮ダシで煮て作ります。

とても具沢山なのでヘムルタンだけでお腹いっぱいになれる料理です。

とにかく具沢山で魚介類をたっぷり使っているので、韓国料理屋のメニューの中ではやや高いことが多いようですが、

魚介類を多く使い、魚介のダシがしっかり出ていますので、韓国料理の中でもヘムルタンは日本人好みの味だといわれています。

日本で作るとしたら、ナクチの代わりにイイダコを使うといいでしょう。

タコの他は種類の違う魚介類ならよいということになっているので、タラ、ホタテ、カキなど、好みの具材と海鮮チゲの素で作れます。

辛くても旨みがしっかりしているので、寒い季節に一度は食べたくなる韓国料理として、韓国はもちろん日本でも人気です。

コメント

コメントを受け付けておりません。